【お知らせ】灯す屋、「ふるさと納税」をはじめました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

令和新時代の幕開けは、日本各地で発生した多くの災害、海外における目を覆いたくなる弾圧、増税等による経済的混乱、スポーツがもたらした熱狂等と共に、息をつく間もなく過ぎ去ろうとしています。

私たちNPO法人灯す屋は、本年8月15日に設立して1年が経ちました。
「NPO法人」というなかなか理解されにくい立場で、非営利✖営利みたいな葛藤と闘い続けています。色んな人たちにたくさん助けてもらいながらも、一日も早く自分たちの足で立ち歩みたい。そんな思いをメンバーみんなが抱えて頑張っています。(ちなみに、「NPOは非営利だから稼いだらいかんやろ?」と結構若い方からも誤解されます。いえ、継続するには稼がないと。)

そして、私たちに一筋の光明を与えてくれるかもしれない。
そんなチャンスを佐賀県庁から頂くことができました。
それが、「ふるさと納税制度によるNPO支援」です。

佐賀県庁が主管となり実施するこの制度は、寄付額の実質約6割が灯す屋への寄付金として与えられます。例えば、30,000円の商品を選択した場合、約18,000円分が灯す屋への寄付となります。ソーシャルセクターを運営する人間にとって、これほど有難い制度はないと思いますし、寄付者にとっても何よりも税金が見える形で使われるという大きなメリットがあります。

では灯す屋に寄付をした場合、一体何に使われるのか。

まず、2020年3月末までに寄付して頂いたお金は、これから灯す屋がスタートさせるプロジェクトである『ARITA STARTUP HOUSE』改修及び創設に全額を使用させて頂きます。

ARITA STARTUP HOUSE』は、有田に生きるすべての人たちの暮らしをより良くする「家」です。有田への移住者の最初の住まいでもあり、あらゆる人たちとの交流を始めることができる自由な空間でもあります。

これから『ARITA STARTUP HOUSE』の改修工事を始めます。これは私たちにとって簡単な決断ではなく、多くのリスクを負うことになります。

有田の皆さんにもちろん、有田にゆかりのある皆さん、灯す屋の活動を応援してくださる皆さんにこのことを知っていただき、ご支援して頂ければ幸いです。

灯す屋のふるさと納税はコチラから。
よろしくお願いします!!!